タイトル

このようなことが実際に起こっていたら迷わずご相談下さい!

  • 元彼から復縁を迫られている
  • 誰かに尾行されている
  • 自宅を監視されている
  • 自宅や会社に嫌がらせの電話がかかる
  • 頼んでもいない出前や商品が届く
  • 自宅や会社の周辺をうろつかれる
  • 騒音をたてられる
  • 大声で怒鳴られる
  • ネットに個人情報が流された

上記のような事があればストーカー規制法で罰則を与える事が出来ます!

一人でストーカーに立ち向かう行為は非常に危険です。近年、ストーカー犯罪で死傷者が出ているのはご存知ですよね。

当社ではまず、そうしたご自身で出来る証拠収集のアドバイスから、実際に付きまとい行為に及んでいる現場の証拠蒐集を行い、ストーカーと交渉します。
ストーカー犯罪をする人物は様々であり、自分が法に触れる事をしているという感覚が麻痺しています。
一種の病気であり精神的な欠落が犯行に及んでいる部分が大きいのです。

ストーカー行為は、証拠を元に民事事件または刑事事件として告発も想定します。
以前の彼氏・彼女であってもストーカー規正法に触れる行為は犯罪となり、まして他人であればなおさら犯罪になります。

まずは、一人で解決しようと考えずご相談下さい。
「復讐されるかもしれないから・・・」などとお考えにならず、匿名でも結構ですのでお電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。

クレカ
 大阪府公安委員会探偵業届出 第62070616号
 関西調査業協会 第014号
 社団法人 日本調査機構第03号

 ピープル総合調査事務所
 大阪府大阪市北区西天満4-3-19
 AXIS西天満ビル3F
 TEL:06-6367-7337
 FAX:06-6367-7310

メール 電話 地図
案内 トップ 料金 会社 浮気 素行 盗聴 家出 スト 企業 社員 海外 問合 問合
トップ PC